外部htmlをiframe以外で指定するタグ

宣伝用のウェブページ内で、iframeを利用して外部HTML(自社ウェブページとか)を表示していたのですが(自分がというか、他の人が)、妙にアクセス数があるなーと思ったので調べてみました。
※ログ見ると、1回のアクセスに3回分ログが流れていたので、実質3アクセスですね

iframeだと上記のような状態が発生しました。
iframeを利用する方法以外で、objectタグを利用したものです。

objectタグ

objectタグは、外部ドキュメントを表示する際に使用するタグです。
objectタグは、対応してない場合の文言をobjectタグ内に記述しておくことで、エラーの対応が可能です。

objectタグの書き方

詳しくは、こちらが参考になります。

iframeタグ

インラインフレームを作るときに使用します。

詳しくは、こちらが参考になります。

根本的な解決なのはかは悩ましいところですが、3回のアクセスが1回のアクセスとしてカウントされるので、今のところこれでいいかなと思います。
本当は、表示したいときに表示してアクセスログなどに出るのが望ましいですが、ウェブページ作成アプリで作っているようなので、どうにもならないですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。